フロントエンドエンジニア

株式会社AbemaTV

他部署の同じ職種をみる ※各授業部により募集内容に違いがありますので、内容をご確認ください。

仕事内容

事業内容

「AbemaTV」では日々積極的なコンテンツ拡充やサービス開発を進めていますが、開局から2年3ヶ月でダウンロード数が3,000万を突破し、MAUが1,000万を超えるなどサービスが大規模になるにつれて、さらに盤石なサービス品質が求められています。

そこで2018年3月よりAbemaTVでは従来のフロントチームをさらに進化させ、さらに強固な体制を築いていきます。「AbemaTV」が目指しているのは “インターネット発のマスメディア” であり、生み出さなければいけないのは “テレビ品質”。視聴したい時にテレビが映らないことなど誰も想像しないように、他のWebサービス以上に「AbemaTV」には圧倒的な高品質が求められています。

スマートフォンはもちろん、PCやタブレットなどの開発も手掛けていきます。
インターネットTV局という新しいジャンルで最新技術にチャレンジしたい方のご応募を、是非お待ちしております。

業務フロー

AbemaTVのWebブラウザ版と編成・制作側の内部管理ツールを開発しています。
Webブラウザ版についてはWAUで150万、内部管理ツールはAbemaTVに所属している社員のほぼ全員が利用します。

機能実装においては仕様策定時から積極的に意見をいい、技術的に可能且つサービスとして良い状態にできる提案ならばデザイナー・ディレクターと意見をかわし機能自体を洗練させていく、そんなエンジニアが活躍できる環境です。

<AbemaTVで働くフロントエンドエンジニアの登壇資料>
Microservices下におけるWebの負荷対策 -SSR×SPA×PWAへ向けて-
https://speakerdeck.com/asukaleido/abematv-developer-conference-2017

UIコンポーネント開発にReactを採用し、全体的にはRxJSを組み込んだFluxアーキテクチャになっています。デザインシステムとしてAtomic Designの思想を取り入れ、開発言語はTypeScript(移行途中)となります。

これらの技術選定はあくまで現時点で最適なものであり、将来的なサービスの拡大やWebの環境変化にあわせて柔軟に対応するためにも、日々新しい技術の検証、導入が行われています。

ReactやRxJSのようなWebフロントエンド技術に精通している方であれば、すぐに第一線でコミットできます。また、これらの技術や動画技術が未経験の方にとっても、同様に新技術にチャレンジしている仲間たちと共に成長できる環境があります。

私たちAbemaTVは、「サービスの成長のためにはエンジニアの成長が不可欠」と考えています。
常にサービスの将来を見据え、現状に満足せず、新しい技術にチャレンジし続ける姿勢をもった仲間を募集しています!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
フロントチームは現在10名
開発チームとしては全体で約80名(エンジニアは約60名)

経験・スキル

求めるスキル

▼必須条件
・ Node.jsを用いてサーバサイドの開発に関わった経験がある
・React/Vue.jsなど、フロントエンドエンジニアとして各種ライブラリを使用し、
 Single Page Applicationなどのウェブアプリケーションを構築した経験がある
・機能実装など実現したいことについて、仕様をディレクターやデザイナーと共に考え、
 スケジュール調整や設計などを一人称で取り組みリリースまでもっていける

▼歓迎要件
・サーバサイドプログラミング言語を用いてサーバサイドの開発に関わった経験がある
・ウェブアプリケーションの速度改善に携わったことがある
・HLSやMPEG-DASHなど動画ストリーミング技術について、深い知識がある

▼現場で使われている技術
言語 JavaScript, TypeScript
フレームワーク React
ソースコード管理 GitHub
プロジェクト管理 JIRA
情報共有ツール Slack, Confluence, esa

求める人物像

■■■エンジニアが働きやすい環境■■■
AbemaTVではエンジニアが作業に集中できるように下記の取り組みをしています。
■開発メンバーの裁量
OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行う
■オープンな情報共有
開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる
チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
■労働環境の自由度
仕事中、イヤホンの装着が許容されている
フレックスタイム制または裁量労働制を採用している
リモート勤務を行うことができる
■待遇・福利厚生
入社時には、各自希望のスペックの PC やディスプレイが支給される
フリードリンクが提供されている
■技術カルチャー
取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加している
エンジニアの人事評価にエンジニアが関わっている
エンジニアを対象にした勉強会、カンファレンスを主催したことがある
私たちAbemaTVは、「サービスの成長のためにはエンジニアの成長が不可欠」と考えています。

インターネットテレビ局としての品質へのこだわりと、「新たな文化を生み出している」という強いプライドを持ち、常にサービスの将来を見据え、現状に満足せず、新しい技術にチャレンジし続ける姿勢をもった仲間を募集しています。

勤務地

勤務地

東京本社

希望の事業 ※複数ある場合に選択してください

第1希望

第2希望

第3希望

株式会社AbemaTV



仕事内容

雇用形態

正社員 / 契約社員

給与

経験・能力を考慮の上、当社規定により優遇致します。

勤務時間

10時~19時(職種によっては裁量労働制適用)

休日/休暇

週休2日制(土曜・日曜)、祝日、夏期休暇(7月1日~11月30日までの期間に3日間)、年末年始休暇(12月29日~1月3日)、年次有給休暇(初年度10日間)、慶弔休暇、リフレッシュ休暇(勤続2年間で5日間)など

待遇/福利厚生

■研修制度 新入社員入社時研修、新入社員フォロー研修、事業概要説明会、マネージャー昇格時研修、幹部研修など ■各種保険 健康保険(関東ITソフトウェア健康保険組合加入)、雇用保険、労災保険、厚生年金保険 ■福利厚生 従業員持株会、社内融資制度、家賃補助制度、社内カウンセリング制度、慶弔見舞金制度、社内親睦会費補助制度など

プライバシーポリシー

【1.個人情報の定義】
サイバーエージェントは、個人情報とは、個人情報の保護に関する法律に規定される生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレス、ユーザーID、パスワード、クレジットカードなどの情報、および個人情報と一体となった趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報であると認識しています。

【2.クッキー・IPアドレス情報】
クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。ただしこれら情報と個人情報が一体となって使用される場合にはこれら情報も個人情報とみなします。
サイバーエージェントの運営するメディアにおいては、たとえ特定の個人を識別することができなくとも、クッキー及びIPアドレス情報を利用する場合には、その目的と方法を開示してまいります。また、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。クッキーを拒否するとサービスが受けられない場合は、その旨も公表します。

【3.個人情報利用目的の特定】
サイバーエージェントは、個人情報を取り扱うにあたって、その利用の目的を出来る限り特定します。

【4.個人情報利用の制限】
サイバーエージェントは、あらかじめご本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。合併その他の理由により個人情報を取得した場合にも、あらかじめご本人の同意を得ないで、承継前の利用目的の範囲を超えて取扱うことはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。
 (1)法令に基づく場合
 (2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
 (3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
 (4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

【5.個人情報の適正な取得】
サイバーエージェントは、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません。また、15歳未満の子供から親権者の同意なく個人に関する情報をみだりに収集しないよう留意します。

【6.個人情報の取得に際する利用目的の通知】
サイバーエージェントは、個人情報を取得するにあたり、あらかじめその利用目的を公表します。ただし、次の場合はこの限りではありません。
 (1)利用目的をご本人に通知し、または公表することによりご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
 (2)利用目的をご本人に通知し、または公表することによりサイバーエージェントの権利または正当な利益を害するおそれがある場合
 (3)国の機関もしくは地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
 (4)取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

【7.個人情報利用目的の変更】
サイバーエージェントは、個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、ご本人に通知し、または公表します。

【8.個人情報の安全管理・従業員の監督】
サイバーエージェントは、個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報保護規程を定め、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。

【9.委託先の監督】
サイバーエージェントは、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先と機密保持を含む契約の締結、または、サイバーエージェントが定める約款に合意を求め、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

【10.第三者提供の制限】
サイバーエージェントは、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。
 (1)法令に基づく場合
 (2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
 (3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
 (4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
 (5) 予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合
   1.利用目的に第三者への提供を含むこと
   2.第三者に提供されるデータの項目
   3.第三者への提供の手段または方法
   4.ご本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること

ただし次に掲げる場合は上記に定める第三者には該当しません。
 (1)サイバーエージェントが利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
 (2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
 (3)個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置いているとき

サイバーエージェントは、個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合、利用目的または管理責任者の氏名または名称が変更される場合は、変更する内容について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置きます。

【11.個人情報に関する事項の公表等】
サイバーエージェントは、個人情報に関する次に掲げる事項について、ご本人の知り得る状態に置き、ご本人の求めに応じて遅滞なく回答します。
 (1)個人情報の利用目的(ただし、個人情報の保護に関する法律において、その義務がないと規定されるものは除きます。ご回答しない決定をした場合は、ご本人に対して遅 滞なくその旨を通知します。)
 (2)個人情報に関するお問い合わせ窓口

【12.個人情報の開示】
サイバーエージェントは、ご本人から、個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
 (1)ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
 (2) サイバーエージェントの業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
 (3)他の法令に違反することとなる場合

なお、アクセスログなどの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。

【13.個人情報の訂正等】
サイバーエージェントは、ご本人から、個人情報が真実でないという理由によって、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます)を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨ご本人に通知します。

【14.個人情報の利用停止等】
サイバーエージェントは、ご本人から、ご本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨ご本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。

【15.理由の説明】
サイバーエージェントは、ご本人からの要求にもかかわらず、
 (1)利用目的を通知しない
 (2)個人情報の全部または一部を開示しない
 (3)個人情報の利用停止等を行わない
 (4)個人情報の第三者提供を停止しない
のいずれかを決定する場合、その旨ご本人に通知する際に理由を説明するよう努めます。

【16.お問い合わせ】
サイバーエージェントのプライバシーポリシーに関するお問い合わせは、下記担当までお願い致します。
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ ウエスト21階
株式会社サイバーエージェント
法務室 プライバシーポリシー管理担当
プライバシーポリシーに関するお問い合わせ先